鬱との遭遇

2016年11月から2017年5月まで鬱病で休職していました。なぜ自分が鬱病になったのか、今だからこそ原因が分かりストレスに上手く対処出来ています。今、鬱で苦しむ人を少しでも助けたい、という思いでブログを綴ろうと思っています。

なぜ鬱病になったのか?

f:id:kiyusahi:20180913065841j:image

今だからこそ、分かります。

 

それは私自身の性格に起因していると思います。自分をどう分析しているか?自分がどういう人間か?を少し記載します。

 

【1】人見知りとリーダーシップ

小さい時から比較的人見知りでした。にもかかわらず、近所の子たちと遊ぶ時は自分がリーダーでした。同級生と遊ぶと気を使い、あまり好きではありませんでした。近所の子=自分より年下の子たちです。引っ込み思案で大人しかった記憶があります。そういった中で、大学生では自分でサークルを立ち上げて代表をしていました。この一見矛盾する(引っ込み思案とリーダーシップ)自分の性格を ふと認識するようになりました。あるコミュニティでは自分が中心でありたいという思いと、既に出来上がったコミュニティでは自分を出せずにいました。

 

【2】常識は嫌い、自分の尺度

就職活動時は就職氷河期でした。同級生は公務員試験勉強や大企業に内定を得るべく業界、会社分析など色々と力を入れて活動していたのを覚えています。そんな彼らを横目に私はほとんど就職活動をしませんでした。大企業に行って何の意味がある?大企業に入ったら幸せなのか?偉いのか?素晴らしいのか?人生のゴールは大企業に入ることなのか?と…

大学4年の2月に大学のキャリアセンターに行き、OBが社長のベンチャー起業を紹介頂き、そこに入社することになりました。面接も他企業と異なり、楽しかったです。それにこの人たちと一緒に仕事をしたいと思いました。どこで(企業)仕事をするかより、何を、誰とするかの方が大切だと思っていました。今はそのベンチャーから転職し2,000名規模の企業に在籍しております。なので転職後は大きなカルチャーショックがありました。ベンチャーでは、新規営業をしており、顧客セグメント、対象地域、ターゲッティング、セールスアプローチ方法、値引きに関してまで 全て自分で決め、自発的に仕事をする環境でした。(これは自分に合っていました)ただ現在は例え小額であっても、多くのプロセスがあり時間と無駄な労力が発生しています。それだけではなく、社内営業とも言えるような社内調整もあったり… 結果だけが自分の評価に繋がらないという側面も感じました。なお、転職した理由は、当時結婚する直前だったこと、各地を転々と長期出張するスタイルだったので別のスタイルの営業をしたいと思ったからです。

 

上記より、

「自分の尺度や考えをしっかり持っているにも関わらず、気を使い過ぎてそれを上手く表現出来ずにいる」そういった両面ある性格だと考えてます。後者の自分の考えをセーブしてしまうことが、自分へのストレスになっていたのだと思ってます。

 

仕事面では、責任感からヘルプの声が出せず、残作業に心悩ませ、仕事への自分の思いを伝えられず、精神のバランスが崩れて鬱病になったのだと思います。

 

復帰後の状況は次回以降に

 

休職中(前編)

f:id:kiyusahi:20180912073604j:image

休職中は とにかく会社、仕事と距離を置くようにと保健師に言われました。

 

会社の携帯電話をオフにし、電話が鳴る恐怖を避け、社内メールも見ない。

それだけで気が楽になった記憶があります。

 

休職直後は、しばらく寝ていた記憶があります。

睡眠って大切なんだなと感じた時でもありました。

 

実は鬱病になって休職したと、すぐ家族には言えませんでした…

1ヶ月で復帰出来る、と思っていたこともあり…

 

また体調不良になったら?という恐怖心があり、1ヶ月で復帰なんて無理でした。

 

主治医の先生は とにかく焦らないこと、と優しく診察をしてくれた記憶があります。

 

11月は ひたすら寝て過ごしていました。

年末年始は 生活のリズムも崩れていた気がします。ただ それも直そうとはせずありのまま、自分の好きなように過ごしていました。

 

今思えば休職期間中何していたんだろ?

半年間の記憶って、実はさほどありません。。

 

ただ社会人になってよくある サザエさん症候群には当然ならなかったです。毎日が休みだったので曜日の感覚はなかったです。

薬も処方された通り飲んでいました。

 

12月頃から、知り合いがあるアパレルブランドを経営しており事務所で手伝いをすることになりました。

ちょっとした組立作業をしてました。ただ私自身は自分のPCを持参し、ネットサーフィンなどをして、その合間に組立作業をする、というだいぶ自由な過ごし方でした。

10時から16時まで知り合いの事務所に行き、それからはすぐ帰宅せず喫茶店で過ごしてから帰宅してました。

 

この時は、もう嫁に鬱病で休職したと伝えてあります。ただ子供には説明出来ず、後ろめたさから帰宅時間を遅くしていたのかもしれません。

でも休職していたからこそ、出来たこともあります。

 

子供が熱を出して小学校の保健室で寝込んでいる時に、すぐ迎えに行ったり、

平日の夕飯を家族で出掛けて食べに行ったり、

と平日遅くまで仕事していては出来ないことも経験出来ました。

 

何を大切にしないといけないか?(今回で言えば家族と過ごす時間)を感じることができた期間だったと思います。

 

 

 

 

異変

f:id:kiyusahi:20180911215442j:image

不調を感じ始めたのは2016年5月頃でした。

 

食欲はなくなり…

吐き気を催し…

動悸が起き…

手に汗かくことが多くなり…

 

仕事に行くのが辛くて辛くて仕方なかったです。

 

自分の異変に気付き、都内の心療内科に通いました。

自分がまさか鬱? 心の病気?なんで?

といった感情でした。

 

自分はそんなにもメンタル弱いのか?と…

 

カウンセリングで自分のことを話すだけで、その場はとても気持ちが楽になりました。

 

ただ、一時的に気持ちが楽になるだけで、相変わらず仕事に行くのが辛かったです。

 

職場環境が悪いわけでもありません。

残業が多かったわけでもありません。

もちろん長年携わってきたビジネスが縮小傾向にあり、もどかしさはありました。

ただ、どれも鬱病になるまで自分を追い詰めた要因だとは思ってません。

 

ついに月曜体調が悪くなり休み…

翌日は仕事に行こうとするも行けず2日連続で休み…

 

こういった事が何度かあり、心配してくれた上司が社内の健康管理室に相談してくれていました。

その後、私は保健師や医師と面談を行い、

主治医から診断書を取得し休職するようにと言われました。

 

それから1週間後には休職がスタートした気がします。

 

その時は様々な感情を抱いた気がします。

 

自分は弱い人間なんだ…とか

休職することによる給与面や評価を気にしていました。

最初は有給休暇となり有給休暇を使い果たすと、休職扱いになると説明を受けました。

そのため、有給休暇中の1ヶ月で復帰します、と周りには明るく振舞っていたのを覚えています。

 

休職中に続く

 

 

 

はじめに

本ブログを閲覧頂きありがとうございます。

私は現在30代後半 IT企業に勤める既婚です。

 

2016年11月から2017年5月まで鬱病で休職していました。

私のように苦しんでいる方を少しでも救いたい、と思いブログを綴ることにしました。

 

不慣れですが、少しでも皆さんの力や勇気になれば幸いです。

 

1番感じるのは、「自分らしく生きているか?」だと思ってます。

そういった所は今後綴ります。